TOPPAN

knowledge|ブランディング・ブランド戦略 [TOPPAN BRAND CONSULTING]

TOP > KNOWLEDGE

KNOWLEDGE

ブランドコンサルティングチームのメンバーが、現場で得た知見や問題意識について論じるレポートを紹介します。

VISUAL Identity ~企業のロゴに込められた想い~   file:05 | 巣鴨信用金庫様

 
=============================================================================
普段何気なく目にするロゴ。それは、企業が持つ理念や志、姿勢などを集約し、シンボルとして視覚化したものです。 トッパンが手がけた、企業の「顔」ともいうべきシンボルマークやロゴタイプについて、その由来を中心に、コンセプトや開発経緯などをご紹介します。
=============================================================================

シンボルマーク+ロゴタイプ
シンボルマーク+ロゴタイプ


東京都豊島区に本店を置き、東京と埼玉に43店舗を展開している巣鴨信用金庫様は、「喜ばれることに喜びを」をモットーに「金融機関」から「金融サービス業」への転換を図り、さらに一歩進めた「金融ホスピタリティ(2005 年商標登録)」を掲げて、「どうしたらお客さまに喜んでいただけるか」ということを一生懸命に考え、お客さま満足を何よりも大切にする信用金庫を目指しています。
そんな巣鴨信用金庫様が2012年、創立90周年を契機にロゴマークを変更しました。 「SUGAMO SHINKIN」のマークは、頭文字の2つのSを囲む柔らかな円で地域の人々やお客さまとのつながりを表すとともに、そこから生まれる価値や感動の連鎖を表現しています。この円が上下に広がっていくことで、未来へ向けて地域のお客さまとともに成長していきたい、という思いを込めています。 また、柔らかで親しみのある書体は、「喜ばれることに喜びを」をモットーに、常にお客さまを起点としたサービスと、ホスピタリティあふれる対応を目指す役職員全員の気持ちを表現しています。
カラーは、ブルー、グリーン、イエローの3色で構成。清らかな水のように透き通ったブルーは「信頼」を、新緑のように澄んだグリーンは「親しみ」や「調和」を、清く輝くイエローは「喜び」や「幸せ」「未来への輝き」をそれぞれ表しています。
地域のお客さまとともに歩んできた巣鴨信用金庫様の、未来へ向けた新たな思いがこもったロゴマークです。


--------------------
佐藤 圭一
トッパンアイデアセンター マーケティング企画部
ブランド戦略チーム ブランディングディレクター

※本記事は、ideanote vol.80(2014年2月発行)に掲載したものです。





Copyright 2015 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.