TOPPAN

knowledge|ブランディング・ブランド戦略 [TOPPAN BRAND CONSULTING]

TOP > KNOWLEDGE

KNOWLEDGE

ブランドコンサルティングチームのメンバーが、現場で得た知見や問題意識について論じるレポートを紹介します。

VISUAL Identity ~企業のロゴに込められた想い~   file:01 | 東武鉄道株式会社様

 
=============================================================================
普段何気なく目にするロゴ。それは、企業が持つ理念や志、姿勢などを集約し、シンボルとして視覚化したものです。 トッパンが手がけた、企業の「顔」ともいうべきシンボルマークやロゴタイプについて、その由来を中心に、コンセプトや開発経緯などをご紹介します。
=============================================================================

「東武グループロゴ」と「東武鉄道ロゴ」
「東武グループロゴ」と「東武鉄道ロゴ」


東武鉄道様は2011年7月、東京スカイツリータウン(R)プロジェクトを契機に、グループ企業全体のさらなるブランド強化をめざしてグループロゴを制定しました。
新たに制定されたグループロゴは、「TOBU」の頭文字「T」を起点に、まっすぐ伸びていく「Future Cross」と名付けたラインを用いて、人々が集い、交流し、つながることで生まれる「すてきな未来」を表現し、東武グループとして、「沿線・地域の人々に安全・安心や楽しみ・期待感を提供する姿」や、「東京スカイツリー(R)の空に向かって高く伸びる姿」を視覚化したものです。
さらに4本のラインは上下左右・東西南北の全方位に張り巡らされたアンテナであり、沿線・地域のニーズを集め、先取りし、積極的に情報を発信する姿勢をも示しています。
また、カラーは「Future Blue」と名付けた青色を採用。これは、たくさんの人々の安全・安心で快適・便利な暮らしを支え続ける東武グループの「信頼性」や「包括力」、「期待感」を表しています。
ロゴの開発には、約10か月を要し、デザインの方向性やコンセプトの検討後、1500案以上の素案から徐々に絞り込んで決定しました。
このロゴには、東武グループが、にぎわいあふれる沿線を作り、たくさんの人々に愛され、笑顔あふれる「すてきな未来」に向けて、沿線・地域の皆様とともに、成長していきたいという強い想いが込められているのです。

--------------------
佐藤 圭一
トッパンアイデアセンター マーケティング企画部
ブランド戦略チーム ブランディングディレクター

※本記事は、ideanote vol.71(2013年5月発行)に掲載したものです。





Copyright 2015 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.